内視鏡による2次精査

胃がん検診(バリウム検査)や大腸がん検診、
ピロリ菌検査、ABC検診(胃がんリスク層別化検査)で要精査となった方へ。


他医療機関で検診を受けられた方もご利用いただけます。

内視鏡検査による精密検査に対応しております。
当院では検査に伴う苦痛に極力配慮し、『苦痛の少ない内視鏡検査』を心がけています。

2次検査の受け方

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 保険証
  • 診察券(当クリニックにかかったことがある方)
  • 健康診断結果
  • 服薬中の方は、お薬手帳

当院で行うことができる2次検診

胃カメラ(胃内視鏡)

内視鏡専門医・指導医として、内視鏡(上部・下部)検査において実に45,000件以上の臨床経験を持つ院長、ならびに修練を重ねてきた経験豊富な医師が施行いたします。当院ではチーム医療で安心安全の内視鏡検査を行っております。

大腸カメラ(大腸内視鏡)

多くの症例数をもつ医師が検査を担当するため、比較的「楽」に検査を受けることができます。平均の検査時間は15分程度(挿入(回盲部到達時間)3分、観察10分)です。

 

 

胃がんリスク層別化検査(ABC検診)について

平成29年度中に、胃がんリスク層別化検査(ABC検診)が江東区の区民検診のひとつとして始まります。ピロリ菌の有無とペプシノーゲンという物質の濃度を測定し、血液検査で胃がんのなりやすさを調べる検査です。

もしこの検査でピロリ菌感染の疑いがあった場合、引き続き当院で2次検査として胃内視鏡検査を受けて頂くこともできます。

当院概要

住吉駅B1出口徒歩2分
メディカルモール内 ライフ・島忠となり

駐車場完備

当クリニック隣り・島忠さん4Fにクリニックモール専用の駐車スペースあり

住所

〒135-0003 東京都江東区猿江2-16-5 住吉メディカルモール3F
東京メトロ半蔵門線、都営新宿線「住吉駅」B1出口より徒歩2分


TEL

03-5638-1241

ピロリ菌の検査や除菌は、胃内視鏡検査(胃カメラ)において胃潰瘍、十二指腸潰瘍や慢性胃炎を認めた場合において保険診療が適応となります。そのため、胃内視鏡検査なしでは保険診療でのピロリ菌検査及び治療はできません。

一方で、胃内視鏡検査はしたくないけれども、ピロリ菌の検査や治療を受けたいという多くのご要望があります。そこで、当院では保険適用とならない方を対象に自費診療によるピロリ菌検査・除菌を行っております。

併せてお読みください。

住吉内科・消化器内科クリニック 地域の皆様の健康のため、早期発見・治療そして予防に努めます 住吉駅から徒歩2分 TEL:03-5638-1241
住吉内科・消化器内科クリニック 地域の皆様の健康のため、早期発見・治療そして予防に努めます 住吉駅から徒歩2分 TEL:03-5638-1241

新着情報

一覧へ >
2018/06/12NEW
当院医師のご紹介ページを公開しました。
2017/12/01NEW
幻冬舎より当院院長による書籍が発売されます。
2017/04/18
【ピロリ菌について】 ピロリ菌の自費診療(存在診断・除菌)を希望される方が増えております。当院ではピロリ菌にも力を入れておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
鼻からどっとJP 内視鏡専門医による胃と腸に特化した消化器ドックのご案内 専門医による苦しくない、痛くない 内視鏡検査 胃癌予防の近道 ピロリ菌検査 徹底した 院内感染対策 スタッフブログ 当院が紹介されました!