2018.08.07更新

おはようございます。東京は久々の雨で少し過ごしやすいですmovietears

 

今日は、ピロリ菌の検査方法について少し書いてみたいと思います。

 

ピロリ菌の検査方法は大きく分けて6種類の検査方法があります。列記すると

A:内視鏡が必要な方法(侵襲的)

①迅速ウレアーゼ法、②鏡検法、③培養法

B:内視鏡が必要ない方法(非侵襲的)

④尿素呼気法、⑤抗HP(Hピロリ)抗体測定、⑥便中HP抗原測定

です。さらに⑤の抗体測定法は、

⑤-1 血中抗体

⑤-2 尿中抗体

の2つに分かれます。

 

皆さんが健診などで一番受ける可能性があるのが⑤-1 血中抗体法です。なにしろ、採血するだけである程度の数値が出てくるので簡便な方法です。

ただ問題もあり、この方法の感度は88-100%、特異度は50-100%程度と言われています。医学ではこの数値は決して満足できるものではありません。また、抗体価が3以上10未満のカットオフ値に近い「陰性高値」例では20%弱の感染者が存在することが明らかになってきており、学会から注意喚起がなされています。なので、当クリニックでは、血中抗体法は参考程度にしか考えていません。

 

少し、小難しい話になってしまいました。続きはまた今度clovernyan

住吉内科・消化器内科クリニック 地域の皆様の健康のため、早期発見・治療そして予防に努めます 住吉駅から徒歩2分 TEL:03-5638-1241
住吉内科・消化器内科クリニック 地域の皆様の健康のため、早期発見・治療そして予防に努めます 住吉駅から徒歩2分 TEL:03-5638-1241
鼻からどっとJP 内視鏡専門医による胃と腸に特化した消化器ドックのご案内 専門医による苦しくない、痛くない 内視鏡検査 胃癌予防の近道 ピロリ菌検査 スタッフブログ 当院が紹介されました!