胃カメラの今後の課題

~当院の特徴④~

胃カメラ(消化器内視鏡)の今後の課題とは

◆当院の特徴④

この項では胃カメラ(消化器内視鏡)の今後の課題について触れていきます。

 

丹羽寛文先生と田尻久雄先生によると、現在までの消化器内視鏡は

・硬性胃鏡

・軟性胃鏡

・胃カメラ

・ファイバースコープ

・電子スコープ(現在臨床で使用されているのはコレです)

の順に発展してきた、とされます。その時代、その時代で様々な試行錯誤が繰り返され、現在の「電子スコープ」を「鼻から」挿入するスタイルになってきたわけです。現時点ではこのやり方が、「医師にとっても」、「患者さんにとっても」最善の方法であることは間違いのないところでしょう。

勿論、医学・科学・テクノロジーはどんどん進化しますので、この項では「これからの消化器内視鏡の課題」について少し触れてみます。

●目次
1 電子スコープはもっともっと細くなる?

2 カプセル内視鏡の実力

3 内視鏡AIの能力は?

4 おわりに~当院での取り組み~

1 電子スコープはもっともっと細くなる?

現在、一番細いタイプの「経鼻用」内視鏡汎用機の直径は5.4~5.8㎜です。

消化器内視鏡には通常5個の孔(ライトガイド×2、対物レンズ、鉗子口、送水口)が必要なため、強度の点・耐久性の問題・コシがない などの問題でこれ以上細いものは実用化汎用化されていません。

 

当院で使用しているのは直径5.8㎜のタイプです。

経鼻内視鏡は通常、鼻腔内に軽い表面麻酔を噴霧してから行います。鼻腔が細く小さい女性などは、噴霧する麻酔の量を増やしたり、医療用ゼリーを増量しても、どうしても鼻から入りません。無理やりに入れようとすると、強い痛みを与えてしまったり出血してしまったりします。

ただ、こればかりは事前には分からないため、検査当日、左右の両鼻孔からスコープ挿入をTRYしてみて初めて「鼻から入らない」ことが分かります。その場合、「そのまま、鎮静剤を注射せず口から挿入する」か「後日、鎮静剤を注射して挿入する(予約制)」かをに患者さんに決めてもらいます。

 

このような患者さんは一定の割合でいるので(当院の場合5~10パーセント)、これが医療者側、患者側の双方にとって結構なストレスとなります。臨床の現場では、あと1㎜程度細くなれば問題は解決すると思っています。

2 カプセル内視鏡の実力

カプセル内視鏡とは、まさに飴玉のように「飲みこむだけで」、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸を観察できる優れものです。2000年にイスラエルの会社により試作品が開発されました。

 

口から飲み込んで、胃腸の蠕動(ぜんどう)により胃から、小腸・大腸・直腸と移動し、便とともに排泄されます。その過程を動画で観察できるため、胃カメラの代わりになるのでは、と期待されました。ただ、

・基本的にカプセルの移動は、被検者の胃腸の蠕動に委ねられ、カプセル自体に自走能力がない(もしくは乏しい)ために、観察したい部位の観察できない。病変を詳しく見ることができない

・検体を採取することができないため、組織診断ができない

・万が一排泄されないと大変なことになる

・基本的に使いまわしができないのでコストが高い

などの欠点も多く、未だ、電子スコープにとって代わるところまでは行っていません。

3 内視鏡AIの能力は?

現在、日本をはじめ、米国・中国・EU圏など全世界で開発競争が行われているのが、この「内視鏡AI」です。これらの開発が進めば、消化管癌の早期発見や治療能力が飛躍的に向上し、その他の分野にも応用できることは間違いありません。各社から試作機が出始めていますので、数年後には実臨床でもその活躍が期待できるでしょう。

 

ただし、現段階でのAI開発各社の基本コンセプトは「AIソフトウェアは過去に学習したデータを活用し、内視鏡の臨床現場において画像解析による診断「支援」を行う。最終的な診断を下すのはあくまで医師ではある」としています。

今まで通り、スコープの操作や診断・治療は医師が行いAIはあくまでその補助という位置づけになります。

 

特に内視鏡の挿入や操作技術を学ぶ際には、「触覚」「圧覚」「温痛覚」など文字通り五感を駆使した、人としての総合的な感覚や運動能力が重要になってくるので、AIが医師にとって代わるのはもう少し先の話になりそうです。

 

4 おわりに~当院での取り組み~

上述したように、

・患者さんにとって最高の胃カメラ

・医療者にとって最高の胃カメラ

は時代により変化します。

 

当院では、日々の診療に全力で取り組みながらも、日進月歩で進化する医療・テクノロジーに遅れることなく常にアンテナを張り巡らせております。古いものを取り入れる勇気もあります。

 

すぐに「最先端」「最新の」という言葉に飛びつくのではなく、「過去」に囚われすぎることもなく、その時々で「患者さんにとって、何が最高で最善なのか」を感じながら今後も診療に邁進して参りたいと思っております。

 

当院は東京都江東区にある消化器内科です。半蔵門線「住吉駅」徒歩2分の医療モール内にあります。

最近ではSNS上の口コミや評判を聞いて、隣接する墨田区の菊川、半蔵門線沿いの清澄白河・錦糸町・押上にお住まいの方も多数来院されます。消化器内科をお探しの方は、是非、当院の医師へ相談してください。

 

 

併せてお読みください。

住吉内科・消化器内科クリニック 地域の皆様の健康のため、早期発見・治療そして予防に努めます 住吉駅から徒歩2分 TEL:03-5638-1241
住吉内科・消化器内科クリニック 地域の皆様の健康のため、早期発見・治療そして予防に努めます 住吉駅から徒歩2分 TEL:03-5638-1241
鼻からどっとJP 内視鏡専門医による胃と腸に特化した消化器ドックのご案内 専門医による苦しくない、痛くない 内視鏡検査 胃癌予防の近道 ピロリ菌検査 モビプレップの飲み方 スタッフブログ 当院が紹介されました!